トキメキスナップ

写真とテキストを気ままに

桜ポートレート

500px.comのraichinb ^^さんによる長柄公園 春の桜 ポートレート

家の近くの淀川河川敷公園の桜。とっても綺麗でした。桜並木が目を引いたので、それを背景に一枚。まあまあ雑草の生い茂る中撮影に付き合っていただいたモデルさんには頭上がりませんw。撮影の折には割とバタバタしてしまいました。修行が足りません。

桜が咲き始めて以来、目に映る景色が一気に色彩豊かになってきました。桜はもう随分散ってしまいましたが、しばらく撮るものに困ることはなさそうで嬉しいです。

500px.comのraichinb ^^さんによる長柄公園 春の桜 ポートレート

ストロボテクニック完全マスター 読みました。

そういえば昔に買ったストロボテクニック完全マスターっていう本を今更ながら読了しました。写真を撮るは光を切り取ること。ストロボや照明など機材を使って能動的に光を制御することがステップアップへの近道なのは理解していましたが、ある程度厚みのある本を読むには、なかなか思い切りが必要でした。笑

ストロボの役割って照らす、影を作る/消すくらいと思っていましたが、発光時間を短くすることで、ある程度のシャッタースピードでも動体を止めるなど、いろんなテクニックがあるんですね。機材の細かい特徴や説明もあってとても良い。でもついつい財布の紐が緩みそうになるのはよくない(笑)

500px.comのraichinb ^^さんによるIMGP

買っていた事も忘れて書店でストロボの本を探し出す始末でした笑。他の本と比べて解説や作例なども非常にわかりやすく「で、ストロボってどう使うの」という自分に合った1冊でした。Amazonのレビュー欄にとても参考になるレビューが幾つかあるのでそちらもどうぞ。

お仕事でヘリコプターを見てきました。かっこいいぜ。

1億画素のデジタルバック「IQ3 100MP」を搭載した中判カメラシステム「Phase One XF 100MP」に触れてきた

大阪駅ビルでプロ写真機材を取り扱うTPCさんが、10日と11日に開催したイベント「デジタルフェアin OSAKA」に参加してきました。1億画素の中判デジタル「Phase One XF 100MP」や、Profotoのライティング機材、セコニックの露出計・カラーメーターなどの展示のほか、各社によるセミナーイベントが開催されていました。普段なかなか触れないプロ用機材を手にとって、より深い技術を体験することができました。

今回の目玉はなんといってもPhase One XF 100MPによる「100MPカメラシステム」。撮影した写真を持ち帰らせてもらえました。帰宅後、専用の現像ソフトCapture One Pro 9でRAWを展開。解像度は11608*8708。処理にかかるマシンへの負荷も未体験レベルです。

こんなに小さい文字をやすやすと!(写真全景は右上。)というか、あとふたまわり小さい文字でも十分解像してくれそうです。Phase One公式サイトからフルサイズのTIFF画像がダウンロードできるようなので、ぜひチェックしてみてください。

1億画素という数字は別次元。価格も税別で600万円超で別次元。今日のデジタルカメラ製品の進化を考えると民生カメラの、フルサイズ機などでこのスペックが実現される日も遠くはないように思えてきます。レンズ解像度や高感度への対応など、様々な要素が絡むので一口に言えませんけれど。

ウエストレベルファインダー。上から覗いて撮るのはなんだか不思議。

デジタルバック背面のタッチパネルの操作感も良いんです。宝クジが当たったらぜひ欲しい。笑!いつか中判カメラを手にして魅力をおもうままに体験してみたいですね。最近ではフジが中判ミラーレスなんて噂もあったみたいです。

【イベント】1億画素機が展示される「デジタルフェア in OSAKA」 - デジカメ Watch