トキメキスナップ

写真とテキストを気ままに

Apertureの後継としては物足りない「Photos」。Lightroomへの移行方法など

DSC01663

つい先日、OS X Yosemite 10.10.3のベータ版が開発者向けにリリースされました。このベータ版には新しいアプリ「Photos」が搭載されているようです。このアプリはMacの代表的写真管理アプリiPhotoや、RAW現像アプリApertureの後継といわれるもの。

Photosについて思うこと

インターフェースをより洗練し、新たなクラウドサービスにてiOSの"写真"アプリとライブラリを完全同期できるという触れ込みのものなんですが、ざっくり言うと「みんなの為にかんたん化」される訳でプロ向けのApertureから、現像機能その他をしっかり引き継いでくれるのかという不安がありました。

US版公式サイトや、複数のデベロッパからリークされているハンズオン動画を見る限り、インターフェースは素晴らしいようにみえ、特にiPhoneで沢山写真を撮っている人に、強く活用を勧めたくなりました。iOSの写真アプリそのもので、とても使い心地は良さそうですね。

ただ、これまでApertureを使い、写真をこだわって触っているユーザーにとって、調整項目の少なさや、インターフェース簡略化による細かいツールパネルの消滅が目立ちます。サポートされている調整項目については、公式サイトの「Take control of the finest details.」の前後で確認することができます。

なんか「RAW現像できるよ。でも、こだわるならPhotoshopで焼いてきて」って言われているような。カメラのラインナップにエントリーモデルだけが残って、ハイエンドモデルがなくなったような感覚。

Apertureの開発終了アナウンスと同時に、iOS8へのアップデートでiPhoneのiPhotoアプリが使えなくなったこともありましたし、悪い予感はしてました。ちなみに以前書いた同内容のこの記事により、うちのブログの検索アクセス上位は「aperture lightroom 移行」です( ;´Д`)

まだベータ版ですし、もちろん今後のアップデートで改善されるとは思うんですが、近年のAppleの性格やこのアプリの基本コンセプトから考えて、ガチャガチャイジれるものに戻っていくとは思えないし、そんな「あるかもしれない」みたいなファジーなものに賭けたくないので、諦めてLightroomに移行してしまうことにしました。

ついでに、今までiPhoneに転送していた「お気に入りの写真」をFlickerにアップロードするようになった、というのも個人的に大きいです。もうiTunesやクラウドを通じて写真アプリに送る必要、ないんだよね・・。

ApertureからLightroomにライブラリを移行するには

Adobeのサイトには移行ツールは「英語版のみでの提供となります」と書いてありますが、Lightroomを最新バージョンにアップデートしているなら[ファイル]→[プラグインエクストラ]→[Apertureライブラリから読み込む]を選んで写真データを転送することができます。

しかしこの方法では、写真のオリジナルデータしか転送されません。RAW現像して調整された写真を転送するには、写真を一度TIFFで書き出してLightroomに読み込ませるしかないようです。詳しい手順は以下のドキュメントを参照してください。

それと、上記ガイドの操作などを自動で行ってくれるAperture Exporterというアプリもあります。こちらはスマートアルバムやフラグの情報なども移行することができるようですが、1500円の有料アプリとなっています。

2015年2月7日お詫び: この項目を修正しました。現像した写真をLightroomへ移行するには、移行ツールは使えないみたいですね・・。

IMGP6220

編集後記

ということで、僕はLightroomユーザーになりました。まだわからない部分なども多いのですが、使用感はまずまず満足しています。書籍なども読みつつ覚えていかなければなりません。覚えたら、ApertureやPhotosとの比較も書いてみようと思います。

でもこの、本当にシンプルで使いやすいし、iOSの"UIKit"ライクなFrameworkを採用して作られているとかで、色々面白いんですよ。Apple好きです。けどなんか最近特に「儲からないことはやらない」って本音が見え隠れしてますよね。昔からストイックな会社です。まあなんだかんだ、噂されてる新しいMacbook Airは楽しみなんですけれど!